トップ > 小説・エッセイ > 赤とんぼ

赤とんぼ

赤とんぼ 1945年、桂子の日記
           レイコ・クルック


私の大好きな赤いプリンス空を飛ぶ
パリ在住の「ば化粧師」の著者が、10歳の記憶を書き留めた小説。
練習機「赤とんぼ」は少女の夢をのせて大空に舞い上がった。
しかし、原爆が落とされ戦争は終わった。そのとき桂子は・・・・。

国際的な特殊メーキャップ・アーティストとして長年映画・演劇界で活躍してきた著者が、
長崎・諫早で練習機「赤とんぼ」にあこがれた10歳の記憶をたぐり寄せて書いた渾身の
ノンフィクション・ノベル。本書の挿絵も著者自身が描く。


《役所広司(俳優)さんより》
 10歳の少女の目線で書かれたこの小説、戦争を知らない若者にぜひ
読んでもらいたいです。


■四六判 220ページ 上製本  ■定価 1,800円(税別)

2013年7月20日発行

ISBN978-4-88851-196-4

※メール便で発送可能
※他の書籍と同時発送の場合、宅配便になる事があります
 

価格 : 1,980円 (税込)
ISBN978-4-88851-196-4
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ