トップ > 長崎文化・一般 > ながさき開港450年めぐり

ながさき開港450年めぐり

田川憲の版画と歩く長崎の町と歴史
ながさき開港450周年記念連携補助事業 1571-2021

        下妻みどり著
B5変形判 並製 カラー
ISBN978-4-88851-360-9 C0026
2021年4月発行

■内容の一例 
各コースにマップと年表付き 1571年〜2021年<450年>の史跡を5回で歩く5つのコースを紹介

コース ヽ港前夜〜二十六聖人殉教  春徳寺―>新大工町―>ナンカミサキ=旧県庁跡—>樺島町・五島町―>西坂公園
コース◆ 崗ローマ」から鎖国へ  サント・ドミンゴ教会跡―>フロイス通り―>岬の教会―>大波止
コース 鎖国時代と和華蘭文化  風頭公園から寺町へ降りー>思案橋―>唐人屋敷跡―>出島
コースぁヽ国>信徒発見から近代化―>原爆 大浦海岸通り―>オランダ坂―>新地中華街―>(路面電車で移動)—>爆心地公園
コースァ―戦からの復興跡から現代まで      浦上天主堂―>坂本国際墓地―>中町教会―>

この本の魅力>話題性のポイント
〇歴史はロマンと想像力の原点だとうなずける本
〇下妻みどりさんのエッセイ、版画家田川憲のデフォルメのコラボが絶妙
〇テーマごとに歩くコースは筆者の個性で組み立てた新発見がある
〇いまは消えた町の風景が脳裏に鮮明に浮かび上がって長崎愛が高まる
価格 : 1,650円 (税込)
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ