トップ > 小説・エッセイ > 螺鈿の道

螺鈿の道

<< 品切れです >>
句集 螺鈿の道 らでんのみち

 別當久子

亡き夫への供養、縁あった多くの方々への感謝を吐露した自分史の終章ともいうべき作品。
目に浮かぶ美しい景色やユーモア溢れる感性で80年の人生を振り返る。

【目次】
第一章 押絵雛
第二章 シルバーマンション
第三章 螺鈿の道
第四章 スエズ・パナマ


<著者略歴>
大正12年(1923年)12月16日 島原市に生まれる(旧姓榊原)
昭和15年3月  長崎県立島原女学校卒業
昭和17年9月  東京都実践女子専門学校家政科本科卒業
昭和25年5月  長崎県教育委員会指導主事
昭和58年4月  長崎市教育委員(2期8年)
平成12年    沖長崎入会



■四六判ハードカバー ■194ページ
■ISBN978-4-88851-139-1
価格 : 2,200円 (税込)
ISBN978-4-88851-139-1
数量
 

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ