トップ > 小説・エッセイ > ならぬことはならぬ

ならぬことはならぬ

ならぬことはならぬ

長崎歴史文化博物館館長 大堀哲

 

平成25年度NHK大河ドラマ「八重の桜」で注目。

会津の教えから日本の教育を考える

会津出身者の著者大堀哲氏が、会津藩伝統の教育指針や新島八重の生き方、山本家の家庭教育となどにふれながら、現代の家庭、学校、地域社会などの教育のあり方を考える。

 
※著者のお申し出により、この本の印税はすべて東日本大震災の復旧・復興のために寄付させていただきます。
 

著者大堀哲氏紹介

おおほりさとし:昭和12年(1937)福島県会津坂下町生まれ。県立会津高校卒。東北大学卒後文部省に入る。社会教育局青少年教育課ほかに勤務。国立科学博物館教育部長、東京大学助教授、静岡大学教授など歴任して平成12年(2000)に国家公務員定年退官。私立常磐大学学長経て平成17年(2005)から長崎歴史文化博物館館長就任、現在に至る。

 

 

■四六判 284ページ 並製  ■定価 1,600円(税別)

2013610日発行

ISBN978-4-88851-199-5 

※メール便で発送可能
※他の書籍と同時発送の場合、宅配便になる事があります
           

価格 : 1,760円 (税込)
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ