トップ > 歴史読本・史料 > ながさき稲佐ロシア村

ながさき稲佐ロシア村

あまり知られていない稲佐の歴史―

ながさき稲佐ロシア村
松竹秀雄

幕末から三十六年の間『稲佐はロシアの船乗りにとっては昔から馴染みの土地であった。』……。当時、ロシア海軍士官の止宿先となっていた稲佐地域。その克明な調査記録を読み物として執筆、また止宿先を分類し、一覧表にしました。
別冊付録として、町あるきに便利な「稲佐さるくロシア村(地図集)」がついています。

<主な内容>
第一章 文化元(1804)年レザノフ使節来崎
  ・ロシア使節団の長崎在住
  ・グザノフ氏からの手紙
  ・水の浦 ………他
第二章 嘉永六(1853)年プチャーチン艦隊来日
  ・プチャーチン、石炭置場を要請
  ・嘉永六年、吉田松陰の来崎
  ・露艦アスコルド号 ………他
第三章 いわゆるロシア村
  ・「対馬事件」のロシア艦と長崎
  ・ロシア海軍士官止宿先一覧
  ・お栄のホテルヴェスナ ………他
第四章 その後のロシア村
  ・ロシア将兵の居留地外雑居
  ・解放露人宿舎一覧 ………他


■A5判 ■並製 ■266ページ
■ISBN978-4-88851-140-7


※メール便で発送可能
(1冊までの場合。2冊目からは宅配便利用となります)

価格 : 2,640円 (税込)
ISBN978-4-88851-140-7
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ