旅する長崎学12 海神の島 大陸交流のかけ橋

880
  (税込)

↑ ↓

在庫あり
海の道対馬  朝鮮外交への道
海神の島 大陸交流のかけ橋

序章・海が舞台 島が主役
    −長崎県の島々は多島海の都−
◆総合マップ/海の道 歴史の航路図

巻頭特集・日朝外交を支えた対馬藩の奮闘
◆日朝のかけ橋 朝鮮通信使
◆対馬宗家の果たした外交復活劇

特集2・古代対馬の対外交流と摩擦の痕跡
◆縄文遺跡で明らかになった対馬の暮らし
◆国防の最前線 防人の島

特集3・中世日朝交易の舞台裏に迫る
◆倭寇撲滅作戦を展開する朝鮮
◆対馬にもたらされた“至宝”
     大陸交流史を物語る仏教文物

特集4・海と島と神々との共生
   “大いなる存在”を感じて生きる対馬の人々
◆海と天の神々が一堂に 対馬は神話の源
◆いまに息づく祈りと信仰


◆みどころ満載、対馬ぐるり一周の旅
◆対馬市 旅ながマップ

■本体A5判 並製 フルカラー64ページ
■ISBN978-4-88851-390-6