ログイン 新規登録
 
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
旅する長崎学シリーズ  
長崎游学シリーズ  
歴史読本・史料  
小説・エッセイ  
長崎文化・一般  
名著復刻シリーズ  
写真集・絵画集  
長崎古版画・ポスター  
グラバー魚譜  
長崎文献ライブラリー  
絵はがき集・マグネット  
 
     
      095-823-5247  
 
    メールはこちら
 
 
 制作現場より
《編集長からのメッセージ 9》 ◆長崎市外海地区はキリシタンの歴史が色濃くのこされた地域です。 遠...
 

                            今日の長崎駅(2017.1.20 金)  風が強いので腕をたたんだクレーンたち

《編集長からのメッセージ 9》
 
◆長崎市外海地区はキリシタンの歴史が色濃くのこされた地域です。
遠藤周作文学館はこの地に2000年5月に開設されて、遠藤の遺品
や資料が保存されています。文学館ができるまえには『沈黙』の石
碑が建てられ、小説の舞台になった地であることが住民の誇りでも
あったようです。いま「外海」という地名は町村合併によって消滅
していますが、遠藤文学愛好家には世界的に知られた地名です。い
ま映画『沈黙―サイレンスー』が封切されてこの地が注目を浴びて
います。スコセッシ監督による映画は感動を呼んで大盛況です。
 
◆昨年2016年8月には長崎で「『沈黙』刊行50年記念国際シンポ
ジウム」が開催されました。この記録をブックレットという冊子
して、緊急刊行しました。シンポジウムは講演とディスカッション
の構成で、音声と映像で流される内容ですが、これを文字にして紙
に印刷したものです。長崎発信の刊行物が全国の遠藤文学愛好家か
らご注文いただき、発売直後から問い合わせがひっきりなしです。
 
◆生前の遠藤周作さんはとても人間味あふれる作家でした。『沈黙』
は、シリアスな宗教と人間を深く掘り下げた作品ですが、生身の遠
藤さんは、諧謔に富み、いたずら好きで、どこか「いたずら小僧」
的な親しみのもてる人でした。ブックレットでご子息の遠藤龍之介
さんの講演録を読むと、作家のもつ多面性がよくわかります。(堀)
(2017.1.20記)
 
 
 
遠藤周作と『沈黙』を語る
遠藤周作と『沈黙』を語る
864円 (税込)
長崎游学12 ヒロスケ長崎ぶらぶら歩き
長崎游学12 ヒロスケ長崎ぶらぶら歩き
1,080円 (税込)
ミゲルとデウスと花海棠
ミゲルとデウスと花海棠
1,296円 (税込)
浦上四番崩れ
浦上四番崩れ
2,808円 (税込)
 
赤い花の記憶 天主堂物語舞台裏
赤い花の記憶 天主堂物語舞台裏
1,728円 (税込)
後藤象二郎と岩崎弥太郎
後藤象二郎と岩崎弥太郎
1,512円 (税込)
寛永長崎港図ポスター
寛永長崎港図ポスター
1,080円 (税込)
「ふたつの悲しみ」秘話
「ふたつの悲しみ」秘話
2,160円 (税込)
 
★ブックレット「遠藤周作と『沈黙』を語る」発刊
★長崎游学シリーズ新刊のお知らせ
★2017年1月新刊のお知らせ
◆年末年始休業のお知らせ
 
 
 
  長崎の陶磁器  長崎の陶磁器  
   価格 : 1,944円 (税込)  
 
  長崎惣町復元図 ポスター  長崎惣町復元図 ポスター  
   価格 : 1,080円 (税込)  
 
  長崎刺繍の煌めき  長崎刺繍の煌めき  
   価格 : 4,860円 (税込)  
 
  赤とんぼ  赤とんぼ  
   価格 : 1,944円 (税込)  
 
  長崎游学4「軍艦島は生きている!」 廃墟が語る人々の喜怒哀楽  長崎游学4「軍艦島は生きている!」 廃墟が語る人々の喜怒哀楽  
   価格 : 864円 (税込)  
 
 
 
2017年 1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
 
 

Copyright © 長崎文献社 All Rights Reserved.     095-823-5247
商号名 : 株式会社長崎文献社   代表 : 柴田 義孝
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 長崎県長崎市大黒町3-1 長崎交通産業ビル5F